外国人採用の注意点

在留資格の活動範囲

在留資格は「特定の活動を行うために日本に入国してもよい」というものですので、在留資格があるからといって、どの業種の仕事でもできるというものではありません。「範囲外活動の許可」など例外もありますが、もし在留資格の活動範囲外での就労をさせてしまうと、事業主が処罰の対象となってしまいます。

平成24年7月から新しい在留管理制度が始まり、外国人を雇用する際には「在留カード」の確認を怠らないようにと入国管理局でも注意喚起していることから、「悪意はなかった」けれど結果的に「在留資格の活動範囲外での就労だった」という事態に陥らないよう、確認・管理は重要です。

 

不法滞在

言葉のイメージから「何か悪さをするためにしていること」のように感じますが、真面目に就労している外国人であっても、更新を怠ってしまうと不法滞在(オーバーステイ)となりますので、期限(更新時期)を把握しておかなくてはなりません。
「彼はとても良く働いてくれていたのに…」ということの無いよう十分に注意が必要です。

NEXT  採用までの流れ

 

参考サイト

厚生労働省:
外国人雇用に関するパンフレット

法務省入国管理局:
新しい在留管理制度

 

 

日本の労働人口

お問い合わせ

 

サイトTOPへ